RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

製造業IT戦略ブログ

生産システムに関する情報発信サイト 
〜MES&PLMウオッチャー〜

Powered By T-vation
URL http://www.t-vation.com
<< PLMのことをよく知るべきだ! | main | ダッソーとアプリソの協業 >>
自動車産業の行く末
トヨタをはじめとする自動車産業は、今では日本のお家芸の一つですが、この業界、これからどのようになっていくのでしょうか。

注目は、電気自動車ですね。これはガソリンエンジン自動車からの破壊的イノベーションです。自動車は、いずれ全て電気自動車にとって代わられる。これは順当な見方です。では、現在の裾野の広い自動車産業が、今後どのような構造変化をしていくのか。その一つの見方として、日経電子版に面白い記事がでていました。

水平分業化の波、ついに自動車産業へ 始まったEVの標準化

自動車が、パソコンのようにモジュール化し、従来の自動車メーカならずとも、いろんなメーカが参入して水平分業体制を構築していくのではないか、という記事です。

確かに、そうなっていくんでしょうね。

しかし、そうしたら、以前から言われている日本の強さ、すなわち摺り合わせ製品での競争力優位性が低下していきますよね。では、日本は、部品産業だけで生きていくのでしょうか。

このあたり、産業構造がどうなっていくのか、興味津々です。

先日、中国に行ってきましたが、中国では電動自動車ならぬ電動バイクが大流行。日本の一歩先をいっていました。中国が電動自動車市場でイニシアティブを取りそうな気がしますが、そうなれば、ますます高級な自動車よりは廉価な電気自動車が求められ、そのような自動車は簡単に中国国内でつくられていましそうな気がします。 日本の十八番の工作機械も、どんどん現地性廉価工作機械に市場を脅かされているとか。

いずれにしても、産業構造の変化が、日本の製造業にどのような変化を強いるのか、いやどのような自己変革で日本の企業はその変化を乗り切るのか、注目していきたいと思います。

| 製造システム | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.t-vation.com/trackback/912913