RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

製造業IT戦略ブログ

生産システムに関する情報発信サイト 
〜MES&PLMウオッチャー〜

Powered By T-vation
URL http://www.t-vation.com
<< MESのガイドブック | main | 製造ITのコンサルタント >>
米国に製造業回帰の動き?
アメリカの製造業は滅びてしまった、との見方が一般的ですが、そのような状態でいいのか?、との意見が最近出てきているようです。

Business Week誌 9月21日号で、" Can the Future be Built in America? 〜Inside the U.S. Manufacturing Crisis〜"という特集記事が掲載されています。

これは、太陽電池、LED、リチウム電池など、世界の将来を担うイノベーションをアメリカが創出したのに、それを製造する工場をアメリカ国内に持たないため、海外メーカに技術が流出し、量産レベルの製品での競争にアメリカが負け、結局、利益を獲得できないという反省からです。

そのため、シリコンバレーのベンチャー企業は、何とか米国内に量産工場を建設できないか、を検討しているようですが、アジア諸国の投資誘導のための税制優遇措置などのため、コストメリットがでず、困惑しているとか。

オバマ政権に代わって、もう少し製造業を見直そうとの要望が強くなっているようです。このような要望に、新政権がどのように応えるのかは分かりませんが、米国が分野特化型であれ、製造業を育成しなければならないと、思いはじめているのは確かなようです。
| 製造システム | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.t-vation.com/trackback/893337