RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

製造業IT戦略ブログ

生産システムに関する情報発信サイト 
〜MES&PLMウオッチャー〜

Powered By T-vation
URL http://www.t-vation.com
<< Rockwell AutomationとDassault Systemsが仮想設計製造環境開発で提携 | main | 日本企業の針路 >>
SERCOSの標準化動向
サーボコントローラをNCなどの制御装置に繋ぐ規格として、産業用イーサネットベースのSERCOS(SErial Realtime COmmunication System)という規格があります。特に欧州で普及している高速シリアルバスです。
このSERCOSは、1980年半ばに開発されて以来、改善が続けられ、SERCOS-IIを経て、現在はSERCOS-IIIと版をあげています。

昨年末に、この規格がIEC国際標準規格IEC61784-2, IEC61158として承認されました(2007.11.27 News Letter)。SERCOSは、日本ではあまり普及していないようですが、海外では200万ノードあるといわれており、欧州勢のしたたかな標準化戦略を垣間見るニュースです。


| - | 16:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
IEC61784-2はリアルタイムEthernetですね。

日本からは横河のVNET/IPと、東芝のTCnetがエントリーしてたと思いますが、どうなったのでしょうね。
中国もひとつ入ってたのも気になります。
| 通りすがり | 2008/01/09 3:28 PM |

そうですね。横河、東芝、それに中国のEPAというもの。
最近の標準化は、多様なものを認める方向になっています。
これらが、現在どうねっているのかの情報は、残念ながら持ち合わせませんが、継続してウオッチしておきたいですね。
| bamba | 2008/01/10 9:12 PM |










http://blog.t-vation.com/trackback/694488